日本ミツバチのはちみつの味と西洋ミツバチの蜂蜜とどっちがおいしい?

「日本ミツバチのはちみつを毎日食べている」というと、とてもうらやましがられます。確かに日本ミツバチは西洋ミツバチよりもたくさん飼いにくく、摂れるはちみつの量も西洋ミツバチよりも少ないので希少価値から高価です。

では、日本ミツバチのはちみつは値段が高価なだけあって美味しいのでしょうか?


蜂蜜といえばスーパーなどで「レンゲはちみつ」をよく見かけますが、

レンゲはちみつは西洋ミツバチが集めたものです。


西洋ミツバチは巣ごとに同じ種類の花蜜をせっせと集める傾向があるのと比べ、

hati-renge.jpg


日本ミツバチはレンゲの花蜜も集めますが他にもにいろんな種類の花から蜜を集めます。

そのせいか、日本ミツバチのはちみつは普段食べていた西洋ミツバチのはちみつよりも味が複雑に感じます。

どちらが美味しいかは好みの問題だとおもいます。


実際に食べ比べてみると


「日本ミツバチのはちみつのほうが断然おいしい!」


と言われる方もいれば


「西洋ミツバチのはちみつのほうが食べ易い」


と言われる方も少なくないです。


私の意見はといいますと・・


毎回、味がちがうから何ともねぇ・・。

といった感じ。

すみません、全然答えになってなくて。


スーパーではなかなか日本ミツバチのはちみつは手に入らないと思いますが、田舎のほうへ旅行やドライブに行くと農産物の直売所やなんかで売られていることもあります。

最近は通販でも売られているので一度は食べてみられるのもいいかもしれません。

この記事のタグ

サイト内関連記事

日本ミツバチ養蜂家の娘といわれそう・・
「え~!何??この巣箱の数は!!私は養蜂家の娘やん!!」最初、父が日本ミツバチを......

▲このページのトップへ